タイトル

キャバドレスのデザイン

キャバドレスのデザインはホステス用のドレスと比べてかなりデザインが個性的で種類も多くなります。 一般的にはキャバドレスはロングタイプのものが多くなるのですが、ミニタイプものも少なくありません。 アダルトな雰囲気というよりもかわいらしい若々しさを出したデザインのものがかなり多いのです。 そして柄なのですが、かなりたくさんものがあります。 例えばアニマル柄のものもあるのですが、いわゆるヒョウ柄のものをはじめ、ゼブラ柄のものなどもあるのです。 他にもストライプやボーダーなどの柄の入っているものなどもあります。 キャバドレスといえば裾の広がっていないマーメイドラインものが主流なのですが、裾の広がっているタイプも少なくありません。 最近では和柄のデザインのものもかなりたくさんあり、着物とドレスの中間的なものになっています。 これだけ個性的なものができたのはキャバクラ専用のドレスをデザインするデザイナーが存在するからなのです。

魅惑と誘惑をキャバドレスに込めて

綺麗な女性を更にアップさせ、魅惑と誘惑感を漂わせる女性に醸し出す洋服がキャバドレスです。コニャック・ウイスキー・ビール・カクテルにムード感溢れる室内音楽に良く合う容姿を兼ね備えると、ここを訪れた男性は、お客様として持て成され、アルコールの酔いと魅惑と誘惑感に浸らされ日頃の鬱憤を吐き出して酔いつぶれてしまうのです。このような雰囲気を創り上げるのがキャバ譲の仕事で、この筋何年というベテランキャバ嬢もいれば、新入りキャバ嬢もいますが、キャバ嬢が仕事道具として求め、仕事を成功させるためのドレス購入に掛けるお金は、金額に糸目を付けることをしていません。男性の本能を狂わせて女性の虜に仕立て挙げる仕組みを演出するために、キャバドレスという仕事服が欠かせず、女性のふくよかな肉体美をうっすらと醸し出すデザインと香りある機能が必要なのです。ですから、キャバドレス製造業界は、キャバレー業界で働くキャバ嬢のみを対象に販売をしており、この販売価格はかなり高額なのですが、売上高は、一般的な洋服業界を大きく上回る利益をあげています。販売コンセプトは、男性を女性の薫るような魅惑から性感を狂わせ、酒の世界にも浸らせて非日常感で満たせるような雰囲気を創り上げるドレスを創り上げることです。この業界の社長の多くがキャバ嬢の経験があり、キャバレー業界の現実を知っているからこそ、魅惑誘発の色柄とデザインのドレスを作るトップにいるのです。これからも、人間である証明として男女の愛欲が絡む社交場としてキャバレーがあり続け、そこで働くキャバ嬢がドレスを着こなして、可憐に綺麗に誘惑的姿態でお客様をおもてなししていくのです。

おすすめWEBサイト 5選

福岡のプードル、チワワ、ダックス専門ペットショップ
http://www.dogfamily.info/
オルゴール
http://www.rakuten.ne.jp/gold/hacienda/
殺虫剤
http://www.rakuten.ne.jp/gold/kaiteki-elife/top_mushi/
NOSSAの通販サイト
http://nossa.jpn.com/jp/